テレビ・新聞で紹介されました!

TELEVISION

オンラインバスツアーが色々なテレビで紹介されました。

その他
新聞各社様 / ビジネス香川 / 香川komachi6・7合併号 NEWS&TOPICSコーナー
2020-06-23
【11:25~】日本テレビ「ヒルナンデス!」
2020-06-21
【6:00~】J-WAVE「MAKE MY DAY」
【8:10頃~予定】TERMOS HERE WE GOのコーナー
2020-06-19
【5:50~】日本テレビ「ZIP!」
【6:45~】朝日放送「おはよう朝日です」
2020-06-17
※延期※【23:00~】テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
2020-06-16
【18:15~】日本海テレビ「ニュースevery日本海」
2020-06-15
【16:47~】読売「かんさい情報ネットten.」
2020-06-13
【9:25~】毎日放送「せやねん」
2020-06-03
【06:00~】TBS「あさチャン!」
【14:40~】FM香川「ステーションらんでぶ~」
2020-06-01
【18:00~】TBS「Nスタ」
2020-05-31
【11:45~】TBS「アッコにおまかせ!」

2020-06-04

NHK「ニュースシブ5時」で紹介されました。

NHK「ニュースシブ5時」
2020/6/4 NHK「ニュースシブ5時」

いま人気!オンラインバスツアー

2020/6/3

TBS「ひるおび」で紹介されました。

ひるおび
2020/6/3 TBS「ひるおび」

オンラインバスツアー大好評

2020/6/3

テレ朝「羽鳥慎一のモーニングショー」で紹介されました。

羽鳥慎一のモーニングショー
2020/6/3 テレ朝「羽鳥慎一のモーニングショー」

地域食が実際に届く!現地中継付き!おうちでオンラインバスツアー

2020/06/03

毎日新聞 大阪夕刊で紹介されました。

「Zoom(ズーム)」を使ったオンライン宿泊

新型コロナウイルスの影響で観光旅行や遠出がしづらい状況が続く中、旅館やバス会社がインターネットを使ったオンライン模擬体験サービスを始めている。緊急事態宣言が全面解除され、旅行業などは再開へ向けて動き出したが、需要が戻るには程遠い。苦しい状況からひねり出したアイデアだが、意外性で注目を集め、新たなファン獲得の場にもなっている。

福井県南越前町今庄(いまじょう)の「地域まるっと体感宿 玉村屋」は、5月15日からウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使ったオンライン宿泊を始めた。ネットでの書き込みや参加者の口コミなどで徐々に増え、最近は1回5人の定員がほぼ埋まる。

宿は感染が広がり始めた2月下旬、町内への感染拡大を防ぐために臨時休業を決めた。その後、宿を運営する中谷翔さん(31)は和歌山県にある知人のゲストハウスがオンライン宿泊を試みていることを知り、4月下旬に参加。「オンライン宿泊は、たくさんの人に知ってもらえる機会になる」と可能性を感じ、すぐに準備を始めたという。

夕食もなければ布団もない。オンライン宿泊とはどんなものか。5月中旬、玉村屋のオンライン宿泊を見学させてもらった。この日は東京や鳥取、モロッコなどから20~50代の5人が参加。午後8時、最寄りのJR今庄駅でスタッフが「出迎え」た設定でスタート。「今庄は北国街道の宿場町でした」「ここのお店のコロッケがすごくおいしいです」。事前に撮影した動画を使って、中谷さんが同宿までの徒歩5分の道のりを案内した。

「チェックイン」してからは、カメラ越しに2階建ての館内の各部屋やシャワー、トイレなどを紹介。その後「ラウンジに集まった」との設定で参加者全員とゲストで登場した地元の人を交えた交流会が始まった。まず、住んでいる場所や経歴、なぜ参加したのかなど自己紹介。モロッコから参加した日本人男性は「3月からロックダウン(都市封鎖)が続いていて、国際線が全部止まっている」と説明すると、他の参加者から驚きの声が上がった。

その後、今後の夢や目標が話題に。鳥取県の会社員女性は「教育を助けられる仕事をしてみたいけれど、何から手を付けていいのか」と悩みを打ち明け、「夢を実現するために何をしていますか」と尋ねた。東京から参加した男性は「今日できることを明日やるのではだめ。思い立ったらやってみる」と背中を押した。入社直後にコロナ禍で在宅勤務となり戸惑う新入社員女性には共感や励ましの言葉が投げかけられるなど、実際の宿泊とはまた違った「出会い」が生まれていた。

約1時間半の交流会終了後、「消灯」。翌朝、約4分間の地元の人からのメッセージを見て「チェックアウト」となる。参加プランは二つあり、同宿の朝食を味わうための南越前産のコシヒカリ3合と甘露梅肉の送付とのセットが2000円、中谷さんらが後日、1時間じっくり話を聞くこととのセットが3000円(いずれも税込み)。

新潟から参加した女性は「宿の雰囲気が味わえて良かった。人と出会えて知り合えるのは、旅でもオンラインでも変わらないと感じた」と楽しんだ様子。一方、中谷さんは「実際に来たい、という声もいただいた。知ってもらえる好機になる」と手応えを感じ、今後も続けていくつもりだという。

琴平バス(香川県)は5月からオンラインバスツアーを始めた。同社のバスツアーは3月からすべて中止となり、売り上げはゼロに。「じっとしているもどかしさがあった。一日も早くお客さんに会いたいという気持ちもあった」とバスツアーを担当する執行役員の山本紗希さん(30)。ズームを活用してオンライン上でツアーができないか考え、4月末に会社に提案。すぐに準備を始めた。

実際のツアーでも人気という島根県の伝統芸能・石見(いわみ)神楽(かぐら)を観賞するコースを設定し、目的地までの「車窓」の映像を探した。越境移動の自粛が求められていたため、目的地周辺や神楽の映像集めは現地の旅行会社に依頼した。

午前10時に始まるツアーは、高松市を出発し、瀬戸大橋に差し掛かると参加者全員で「瀬戸の花嫁」を熱唱。島根県に「到着」すると、参加者は事前に自宅などに届けられた地酒やのどぐろの料理、練り物「赤てん」を味わいながら、約15分の神楽の映像を楽しんだ。

一方的に映像を流すだけでなく、ズームを通じてガイド役を務める山本さんや他の参加者、地元の人とも会話をし、旅行気分を感じられる。当初は同社のある香川県の人がターゲットだったが、北海道から鹿児島県まで全国から参加希望があるといい、毎回15人の定員が埋まるという。約1時間半で終了後、参加者からは「コロナが終息したら、実際に行ってみたい」「特産品を実際に口にできて臨場感があった」などの声が寄せられたといい、山本さんは「終息しても事情があって旅行にいけない人も手軽に参加できると思う」と話す。参加費は3980円(税込み)。新たに徳島県の祖谷渓(いやだに)を巡るオンラインバスツアー(4980円、税込み)も6月から始める予定。

【柳澤一男】

2020/05/30

朝日新聞で紹介されました。

朝日新聞
2020/05/30 朝日新聞
バス旅 ZoomでGO 記者も参加
琴平バス 画面にライブ映像・特産宅配

テレビ会議システムを使い、家にいながら旅に参加した気分になれる「オンラインバスツアー」を、琴平バス(香川県琴平町)が始めた。新型コロナウイルスがきっかけだが、旅行が難しいお年寄りの需要も見込み、続けていきたいという。

参加者は、パソコンやスマートフォンでテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」に接続する。画面には、車窓からの風景や観光地の映像が流れ、案内役のプランナー(添乗員)や他の参加者と話せる。観光先の特産品も事前に宅配便で届く。

新型コロナの影響で、旅行業界はツアーのキャンセルが相次ぐ。同社は、オンラインバスツアーを新たな収益源にしたい考えだ。楠木泰二朗社長(42)は「現地のガイドや土産店の収入も確保したい」。長距離の旅が難しい高齢者にも需要があるとみる。

5月に始めた第1弾は、島根県の伝統芸能「石見(いわみ)神楽(かぐら)」を楽しむツアー(3980円)。6月前半の4回は完売し、同30日以降を募集している。第2弾は、徳島県のかずら橋などを巡るツアー(4980円)で、予約を受け付け中。問い合わせは琴平バス(087・823・5678)へ。

記者も参加「車内」で交流・音切れも

初回の15日、島根へのツアーに記者も参加した。

午前10時。自宅のパソコンに映し出されたのは、バスの車内だ。プランナーの山本紗希さん(30)が現れ、参加した県内外の21人に自己紹介を促す。「楽しみですね」「子どもが(画面に)乱入するかもしれませんが、よろしく」。それぞれの顔も映る。

映像が切り替わった。車内から見た瀬戸大橋で、実際に走っているような感覚だ。サービスエリアに停車したとして、3分間のトイレ休憩もあった。

山本さんの歌やクイズを楽しみつつ、30分余りでJR浜田駅(島根県浜田市)に着いた。「ようこそ浜田へ」の横断幕で迎える現地のスタッフたち。実際のライブ映像で、市内の神社などを案内してもらった。

自宅のインターホンが鳴った。クール便を開くと、浜田特産の練り物「赤てん」に、ふりかけや地酒。本来は前日までに届くが、仕事で留守だった。

メインイベントの「石見神楽」が始まった。笛と太鼓に合わせ、何匹もの大蛇が舞台上で動き回る。新型コロナで休演中のため録画だが、迫力は伝わった。

帰途についたのは午前11時半。丸1日かかる行程が、約1時間半で終わった。参加者たちは「現地に行ってみたい」「物が届き、みんなで話せる。いいツアーだなと思った」と語っていた。

1時間ちょっとの小旅行。特産品もついて4千円弱は、お得かもしれない。ただ、接続の問題で音声が途切れ、そのたびに現実に引き戻されたけれど。(江湖良二)

2020/05/30

四国新聞 社会で紹介されました。

四国新聞
2020/05/30 四国新聞 社会
新型コロナ特別紙面 COVID-19
自宅でバス“乗車”旅へ
県内事業者企画、ネットツアー人気 現地グルメ宅配も
自宅に居ながら旅行気分が味わえる「オンラインバスツアー」

新型コロナウイルスの影響による旅行の自粛が続く中、県内のバス事業者が始めた「オンラインバスツアー」が人気を集めている。参加者はインターネットにつないだパソコンなどの画面越しに観光地を巡り、事前に宅配された現地のグルメを味わうなどして自宅で旅行気分を楽しむ。事業者は「コロナ収束後も、体の不自由なお年寄りなどの需要が期待できる」と手応えを口にする。

ツアーは、新型コロナの拡大で3月以降の全てのツアーが中止となったことなどを受け、琴平バス(琴平町)が企画した。

5月上旬に始まった第1弾は、島根県の石見地方に伝わる日本遺産「石見神楽」を鑑賞するツアー(3980円)。参加者はビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ってバスに“乗車”し、従来のバスツアーさながらに自己紹介やクイズ、車窓を流れる景色などを楽しみながら島根へ。事前に自宅に届いた地酒や特産のノドグロを使った商品に舌鼓を打ちながら、現地ガイドの解説付きで神楽を鑑賞する。

6月中旬まで延べ8回のツアーは、15人の定員が毎回ほぼ満席の人気ぶり。第2弾として徳島県三好市の祖谷渓を巡るツアー(4980円)の募集も始めた。

現実のバスツアー再開のめどがたたない中で、オンラインへの期待は高まる。担当者は「ネットやZoomに不慣れな方へのサポート態勢をさらに充実しながら、コロナ収束後も続くサービスとして進化させていきたい」と話している。

2020/05/28

さわやかラジオ おはよう ハイタッチ! RNC西日本放送で紹介されました。

RNC西日本放送
2020/5/28 RNC西日本放送

さわやかラジオ おはよう ハイタッチ! RNC西日本放送 2020/05/28/ 木 9:00-11:00

2020/5/23

関西テレビ「土曜はナニする!?」で紹介されました。

土曜はナニする!?
2020/5/23 関西テレビ「土曜はナニする!?」

HOTけないワード「オンラインバスツアー」
観光地からライブ中継/おうちで旅行気分

2020/5/18

KSB瀬戸内海放送「スーパーJチャンネル」で紹介されました。

2020/5/18 KSB瀬戸内海放送「スーパーJチャンネル」

〈新型コロナ〉オンラインバスツアーで旅行気分を
実際に旅先の料理やお酒も味わえる新サービス 香川・琴平バス

2020/5/18

フジテレビ「とくダネ」で紹介されました。

とくダネ
2020/5/18 フジテレビ「とくダネ」

コロナに負けるな!お楽しみ満載!オンラインバスツアー

2020/5/18

フジテレビ「めざましテレビ」で紹介されました。

めざましテレビ
2020/5/18 フジテレビ「めざましテレビ」

オンライン旅行
ビデオ会議アプリを使って観光気分を楽しめる

2020/5/15

NHK香川で紹介されました。

オンラインでバス旅行気分満喫|NHK 香川県のニュース
2020/05/15 - 新型コロナウイルスの影響で旅行を自粛する動きが続く中、インターネットを使って県外へのバス旅行を楽しんでもらう「オンラインバスツアー」を香川…